ポリピュアEXで起こりやすい副作用と実際に起きる確率はどれくらい?

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

育毛剤を使っていると、副作用がでてくる可能性があるかもしれないことは、少しネット検索してみると、どこかに目についたことがあるかもしれません。

ポリピュアEXにも同じように副作用が出ることがあるのか、また実際に副作用の症状がでてしまったらどうすればいいのか、ご紹介いたします。

ポリピュアEXは副作用に対してこれだけの対策をしている

ポリピュアEX本体に記載されている使用上の注意には、副作用に関して、このようなことが書かれています。

本品のご使用中、肌等にかぶれ・かゆみ・赤み・痛み・ハレ等が生じた時は専門医にご相談ください。

傷・湿疹・できもの等がある部位には使用しないでください。

起こりやすい副作用としては、肌にまつわるいくつかのトラブルに限られるようですね。

しかし実際のところポリピュアEXは、このような肌への副作用もかなり起こりにくい育毛剤であることはご存知ですか?

なぜかといえば、これらの副作用ができるだけ起こらないように数々の対策を行っているからです。

1.安全性の高い「医薬部外品」に分類されている

まず、ポリピュアEXは厚生労働省の医薬品区分により「医薬部外品」に指定されています。

「医薬部外品」は、「医薬品」と違って、ゆるやかな効果にはなるけれど、その分副作用の発生率が極めて少なく、安全性が高いものとして区分されています。

反対に「医薬品」の場合は効果は強いけれど、その分、副作用の発生率も一定程度あり、販売時に薬剤師の確認が必要であったり、そもそも市販されず医師の処方せんが必要になったりします。

  効果 副作用
医師の診察が必要な飲む発毛薬
(プロペシアなど)
一定程度の割合で発生
市販の医薬品の発毛剤
(リアップ、リグロEX5など)
一定程度の割合で発生
医薬部外品
(ポリピュアEX,チャップアップ、イクオスなど)
ほぼ発生しない

安全性が高い分、医薬部外品はドラッグストアや、ネット通販で簡単に購入できるメリットもあります。

2.独自に4つの低刺激テストを行っている

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

さらにポリピュアEX独自の対策として、実際に低刺激であるかどうか、4つの品質テストを設けて、すべてクリアしている徹底ぶりです。

その具体的な内容を書き起こしてみると

スティッキングテスト済み…皮膚反応(かゆみ、ヒリヒリ感)が起こらない
アレルギーテスト済み…アレルギー反応(かぶれ・炎症)が起こらない
皮膚一次刺激性試験済み…1回の塗布で刺激性がない
累積刺激性試験済み…複数回の塗布を繰り返しても刺激性がない

すべての方に起きないわけではないと注意書きは書かれているにせよ、肌へのアレルギー反応や刺激に対してメーカーも敏感なこだわりを持っています。

特に肌のかゆみやヒリヒリという副作用は、リアップなどの医薬品発毛剤を使った人の口コミを見るとしばしば見かけるので、ポリピュアEXにも同じことが起こらないかと、心配される方もいると思います。

しかし、肌への副作用に対する取り組みは、皮膚科専門医による何重にも及ぶテストをクリアしているので、ほとんど心配することはないと考えられます。

3.添加物をできるだけ使用しない7つの無添加処方

育毛剤の中には、育毛成分と同時に配合されている添加物が原因によってかゆみはべとつき、ヒリヒリ感を引き起こす場合があります。

ただし、ポリピュアEXは添加物をできるだけ使用しない処方にこだわっていて、ほかの育毛剤にはよく配合されている以下のような添加物は一切使用していません。

  • 合成香料
  • バラベン
  • 合成着色料
  • 鉱物油
  • 界面活性剤

実際に使っていても、色はほぼ無色透明、香りも育毛成分に由来するもののような感じで、いかにも添加物で作られたような感じはしませんでした。

このように、ポリピュアEXは3重にも及ぶ対策で、できるだけ副作用が起きない対策がされていますが、やはりきになるのが、使用上の注意にかかれているこの部分ですよね。。

本品のご使用中、肌等にかぶれ・かゆみ・赤み・痛み・ハレ等が生じた時は専門医にご相談ください。傷・湿疹・できもの等がある部位には使用しないでください。

おそらく、ポリピュアEXは副作用対策は十分に講じているが、やはり全員に出ないとも言い切れないので、万が一副作用的な症状が出た場合は病院に相談してみようというエクスキューズなのだと思います。

と、なると、実際に使った人で実際に副作用がどれくらいの割合で起きるのか気になるところであります。

副作用の可能性が本当にゼロなら、「副作用はない!」と断定的に書いていると思いますし…。

定価から1,800円割引でポリピュアEXをスタート!

ポリピュアEXで副作用になる確率について販売会社に聞いてみると…

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

そこで、ポリピュアの販売会社であるシーエスシーにダメ元で副作用がどれくらいの確率で起きているのか、電話で聞いてみました。

聞いてみてびっくり。

なんと1年に1~2人ほどは肌への違和感などの問い合わせがあるという事です。

その内容としては、育毛成分そのものの原因ではなく、液体の鮮度を保つ為に配合されているアルコール(エタノール)に頭皮が反応し、まれに違和感を感じる方がいらっしゃるということでした。

残念ながら全員に出るわけでもなく、詳しい因果関係は証明されていないとのことです。

もちろん、病院に行くほど重い症状ではなく、あくまで違和感程度だったことも誤解なきよう書いておきます。

アルコールの役割は、先ほどのとおり、液体の鮮度を保つためと、液体のベタつきを少なくするために配合されているのだそうです。

ごく一部の育毛剤にはアルコールも配合されていない「ノンアルコールの育毛剤」というものもありますが、劣化が早くすすむため、使用期限が短くなる欠点があります。

そのため、ポリピュアEXに限らず、育毛剤はもちろん、医薬品、化粧品などにもごく一般的に配合されています。

もし、育毛剤を使いたいけれど、過去にアルコールが配合されている育毛剤や化粧品を使ってなんらかの違和感が出てしまった…という方は、「アルコールフリー」や「ノンアルコール」の育毛剤を選んでみることもおすすめです。

ちなみにポリピュアEXは、アルコールの成分自体にも改善策をとっているそうで、最新型では、フェノキシエタノールというアルコール成分の一種をカットし、できるだけリスクも少なくしているそうです。

定価から1,800円割引でポリピュアEXをスタート!

ポリピュアEXを使って副作用になる確率を計算してみると

程度はともかく、ポリピュアEXに副作用はあるかないかを2択で答えると「ある」ということになりますね。

では、実際副作用になってしまう確率を数字で表してみればどれくらいになるのでしょうか?

公式サイトではこれまでの累計販売本数が約500万本となっているので、これを年間別に計算すると、

500万本(販売本数)÷ 13年(販売期間2007年~2019年)=約384,000本(年間平均販売本数)です。

年間に2人、なんらかの違和感などの症状を報告した人を副作用人数と推定すると、

2(副作用人数)÷375,000本(年間平均販売本数)=約0.00052%という事になります。

ポリピュアEXは副作用がでないとも限らない、しかしその確率は限りなく0%に近いということになりますね。

過去にアルコールに対するなんらかの違和感を感じている人以外は副作用に対してほとんど心配がないといえるでしょう。

医薬品の発毛薬で出る副作用の確率はもっと高い

ポリピュアEXの副作用の推定発生率約0.00052%は、どれくらい低いものなのか、医薬品の発毛薬と比べてみれば一目瞭然です。

リアップX5の場合

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

リアップX5には、ミノキシジルという成分が含まれています。

ただ、ミノキシジルは、毛生え薬として開発されたわけではなく、「血圧降下剤」として開発された経緯があります。

もともと高血圧の人に使っていたら、同時に体毛も濃くなったので、発毛効果もある薬として認定されたわけなんですね。

そのため、血圧関係の副作用があることは避けられないリスクとなっていて、その内容もかなりヘビー級です。

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

皮膚関係の副作用はもちろん、頭痛、胸の痛み、体重増加など、ポリピュアEXには書かれてなかった副作用のリスクがかなりありますね。。

副作用になってしまう確率について調べてみると、厚生労働省の平成25年度第4回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会で、リアップX5の副作用発現率について報告がされていました。

その確率はなんと、8.82%と書かれています。

症例数 3,072例
副作用 271例
副作用発現率 8.82%

100人に8~9人って、結構多いように思いますし、ポリピュアEXと比べるとその副作用リスクは約16000倍にもなってしまいますね。。

プロペシア(フィナステリド)の場合

プロペシアは、飲む発毛薬として、医師の診察を受けてからでないと処方されない医薬品です。

中に含まれる「フィナステリド」と呼ばれる発毛成分が、男性型脱毛症(AGA)の原因になる男性ホルモンと結びつく酵素の動きをブロックすることで、脱毛の原因を抑制するメカニズムです。

頭皮からつけるタイプに比べ、体内でダイレクトに作用する内服薬であることと、男性ホルモンに関係することから、副作用になる症状もポリピュアEXやリアップとは段違いの副作用があります。

  • 食欲減退
  • 全身倦怠感(肝機能障害)
  • 性欲減退・ 勃起機能不全
  • 乳房障害・抑うつ症状

性欲減退、勃起機能不全はまさしく男性ホルモンにダイレクトに作用することから起こりやすい深刻な症状ですね。

その確率ですが、プロペシア発売時の臨床試験結果から副作用発症率は約4%であると発表されています。

リアップと比べその確率は約半分になるものの、症状の内容がかなり重いものであるため、市販はされず、医師の診察が必要であることも納得できますね。

このように、リアップ、プロペシアの両方とも、効果も高いですが、副作用になる確率もかなり高めです。

ポリピュアEXもゼロではないですが、その確率は限りなく低いことがおわかり頂けると思います。

副作用になる率が限りなく少なくじっくり育毛に取り組めるポリピュアEX

ポリピュアexのジェットノズル部分

以上のように、発毛薬と比べても副作用率が圧倒的に少ないポリピュアEX。

これは育毛対策にとりくむ上で、非常に重要な要素といえるでしょう。

なぜならば、どんなに良い発毛薬を使っても、即効性はなく3~4ヶ月以上は使い続けないと体感できる効果は見込めないからです。

副作用になる確率が高い育毛剤を使ってみてはいいけれど、いつカユミや痛みなどが起こってしまうのかわからずヒヤヒヤ心配しながら使い続けるよりも、後顧の憂いなく取り組むことができるので、精神的な安心感は全然違うと思います。

ポリピュアEXの場合、そもそもの確率がかなり低い育毛剤ですし、万が一試してみて副作用が起こったとしても、45日間全額返金保証を使えばお金もほぼ全額戻ってきますし、使う上でのハードルはかなり低いと思います。

もちろん、育毛効果が出なかったら意味がないのは当たり前。

使い方を誤ってしまうと、出るはずの効果も期待通り出すことはできません!

私は、私はポリピュアEXを使い続けていて、生え際の薄毛の改善に成功しています!

ポリピュアEXをはじめる前の薄くなったわたしの生えぎわ
ポリピュアEX1年3ヶ月使用後の生えぎわの状態の画像

トップページでは、ポリピュアEXを使って、最安&最短で効果を出す方法について解説していますので、興味のある方はこちらもぜひご覧ください!

ポリピュアEXを使って最安&最短で育毛効果を出す方法

定価から1,800円割引でポリピュアEXをスタート!